2016実行委員のブログ 未分類

★派遣保育『えくぼ』さんについて★

投稿日:

品川子育てメッセ2017の実行委員を募集しています!!
・会議の日程や募集要項はこちらのページ
・実行委員を経験しての感想はこちらのページ
をご覧ください(^^)

メッセ実行委員では会議の際、NPO法人ふれあいの家-おばちゃんちの派遣保育「えくぼ」を活用させて頂いています。
「一時保育をお願いしたことがないけど大丈夫かな?」
「どんな方が保育をされているのかな?」
など、大切なお子様をお願いするので、少し心配になるママもいらっしゃるかと思います。
そのため、今日は半年間お世話になる『えくぼ』さんについて書こうと思います!

会議のある2時間は、ママと離れて過ごすお子様たち。
保育の経験があまりなく泣いてしまう子、人見知りの時期でママと離れることのできない子、
お外遊びの大好きな子・・・など、いろんな個性をもったお子様たちが集まります。

えくぼのおばちゃんたちは『子育てのサポーターになりたい』と、
NPO法人ふれあいの家-おばちゃんちが開催する【子育てサポーター養成講座】の研修を受けられています。
保育現場での実習も数多く経験されており、本当に心強いサポーターです。

メッセの実行委員は約半年間お世話になるのですが、お約束は2つだけ。
①お子様を預ける時は、必ず声を掛けてから(言葉のわからない0歳児にも、きちんと説明しましょう)
②お迎えはママが全員揃ってから(全員同じタイミングでママのところへ戻れるようにしましょう)

この2つは、子どもにとって重要なものだと感じます。
私自身も毎回「ママお勉強してくるね。お昼に戻ってくるからね」と泣きじゃくる我が子に対して声をかけ、
ギューと抱きしめ落ち着かせてから、保育の部屋を出るようにしていました。
また会議が終わってお迎えに行くときも「私のママだけお迎えにこない・・」と思わせないように、
ママが全員揃ってから、保育の部屋のドアを開けるようにしていました。

こういう配慮からも「えくぼ」の皆さんの『子どもの気持ちを大事にする』想いが表れていると思います。

また、毎回その日の出来事をメモで残してくれます。
我が子は乗り物大好きな1歳(当時)男児なのですが、
「新幹線が通ると指差しで教えてくれました(^^)」
「噴水の段差のところに興味があるようで、何度も上り下りしてました(^^)」
「お兄ちゃん達の真似して元気に身体を動かしていました(^^)」
など、とても細かいところまで見守ってくださっているのがわかります。
息子の楽しそうな姿が目に浮かぶようで、毎回このメモを見るのが楽しみでした。

そして、会議は半年間続きます。
はじめは預けるときに泣いていた息子も、「ママ、お昼に戻ってくるからね」の声がけの効果か、
数ヶ月後には泣かずに遊べるようになっていました。
この『息子の成長』を一緒に見守ってくださるのも、えくぼのおばちゃんたちなのです。

「泣き止むまで時間がかからなくなりましたよ!」
「走るのが早くなりましたね!」
「小さい子にいい子いい子してましたよ!」
「自己主張するようになってきましたね〜」
などなど、半年間の息子の成長を一緒に喜んでくれました。
こうして我が子の成長を見守ってくださるえくぼさんの存在が、とても貴重でありがたかったです!
(我が家は俗に言う「ワンオペ育児」家庭なので^^;)

・・そうなのです。
お子様たちの気持ちに寄り添って保育してくださる「えくぼ」の皆さんは、
母親である私たちの気持ちにも寄り添ってくださるのです。

毎年、えくぼの会が開催されています。
メッセの実行委員も数名参加させていただいています。
一年の振り返りをしながら、えくぼのおばちゃんたちが一言一言お話されるのですが、
皆さん、涙涙で・・会場内もたくさんの涙とあたたかい空気に包まれました。

「子どもが好き」「子育てのサポートがしたい」その一心で、保育をしてくださっています。
実行委員の会議中はもちろん我が子の様子が気になりますが、
えくぼの皆さんのおかげで、とても集中して話し合いができます(^^)

ママもお子様も一緒に成長できるのが、品川子育てメッセ実行委員の良さかもしれません。
ぜひ、興味のある方は会議に参加してみてくださいね(^^)
お待ちしております!

第2回会議

【PR】
生活クラブ

-2016実行委員のブログ, 未分類

Copyright© 品川子育てメッセ , 2017 AllRights Reserved.